塾としての実績の高さ

実績は塾選びの大きな指針となる

塾選びの際に検討しなくてはならないポイントがいくつかあります。自宅からの距離や費用、実際に通っている子どもの保護者たちからの口コミなどを総合して判断することになりますが、必ず押さえておきたいのは「合格実績」です。どんなに理想的な学習指導やシステムを謳っていても、結局その学習塾の実力を客観的に判断できる唯一の指標となるからです。とくに上位校に合格している人数はその塾の教務指導力を端的に表しています。もちろん学習塾でも集客のため、毎年自らの合格実績を宣伝しています。2月から3月にかけてホームページや折り込みチラシなどで目にする機会も増えていきます。また夏期講習や冬期講習の直前にも繰り返し宣伝されます。

合格実績の正しい見方

ところが合格実績には気をつけなくてはならない点があります。合格実績で学習塾を比較する際には、そのポイントをしっかりと見極める必要があります。それは公表されている合格実績の多くは「合計値」であるということです。複数の教室を展開しているような塾では、塾全体での合格実績を前面にして宣伝します。こうすることで母数を大きくし、よりインパクトのある宣伝を行うことができるので、塾としては当然の戦略です。しかし塾全体の実績が優れていても、実際に自分が通う教室を単体で見た場合の実績が不振であるなら注意しなければなりません。そうした事態を避けるためには、通うつもりの教室へ出向き、教室単体での実績を直接確認するようにします。